施工事例ギャラリー  
/ GALLERY

玄関がわりになる土間と大きな吹き抜けが家族の絆を育む家

玄関がわりになる土間と大きな吹き抜けが家族の絆を育む家

間取りプラン[11]

土間に集うアウトドア好き家族のための間取り

趣味を楽しむ家族にうれしいこの家は、玄関からもリビング兼用の多目的土間からも出入りできるカーポート付き。アウトドアを楽しんだ後は、家族みんなで土間を通って家に入るという楽しさがあります。雨の日には特に車から降りて一切雨にあたることなく、玄関からでも土間からでも家の中に入ることができる嬉しいプラン。また、カーポートとキッチンカウンターは靴を履いたまま土間を通って行き来ができるので、屋外でのバーベキューは配膳や後片付けも楽々です。カーポートと一体感のある土間は、ガーデニングや子供の遊び場、愛犬の生活スペースとしても利用できる広さ十分な多目的スペースです。また、土間の天井は吹き抜けになっているので、大きめのカヤックやロングボードを立て掛けても十分な高さもあります。2階の吹き抜けからも見渡せ、家族の生活の場の中心として自由に利用できる嬉しい土間のある間取りです。

1LDKプラス吹き抜けで家族の気配を感じる間取り

1LDKのこの家は、間仕切り壁がほとんどない間取りです。2階は間仕切りをせずに程良い距離感を保つため家の両端に配置した主寝室と子供部屋を、くつろぎスペースのラウンジと渡り廊下のような楽しいスカイブリッジで互いに行き来できるレイアウトです。お子様が小さいうちは2階のフロアはフルオープンに、そしてお子様が成長したら主寝室や子供室に間仕切り壁を付ければ、プライバシーも守りつつも互いの部屋を行き来できる間取りです。スカイブリッジの吹き抜けは1階リビングと繋がり、家中どこにいても家族の気配を感じられる安心レイアウトの間取りです。

担当からのメッセージ

個室重視型の家が増え続け、いつのまにか希薄になってしまった家族の絆。同じ家で暮らしていながら、家族が別の部屋で何をしているのか気配すら感じられない家があまりに多いような気がします。嬉しい時も悲しい時も、良い時も悪い時も、家族が互いに関わり合いながら互いを思いやる気持ちを自然に育み、大人も子供も心が成長してゆく家とはどんな家なのか。自然に頭に浮かぶのは、廊下も間仕切り壁も特になく障子で繋がっただけの昔の家。他の家族の睡眠の邪魔にならないように深夜までテレビを見ることを控えたり、誰のものと決まっていない押し入れにはみんなが使いやすい収納ルールが自然と決まっていたり、ひとり静かになれる部屋がなくても勉強に集中できたり、家全体が共有空間という状況でも家族ひとりひとりが家に順応して暮らしていたように思います。労働環境の変化や受験戦争の激化など近年の社会情勢を思うと、現代の個室重視型住宅は自然の流れかもしれません。しかしながら、外で受けた沢山のストレスを家の中の“個”だけで解消できるものなのかは疑問です。家が果たす役割というものを見つめ直した時、最近の個室のあり方を大胆にくつがえしてみようと考えたのがこのプランです。大胆に空間を繋ぐことで家族がお互いを思いやり、家族の絆を自然に深められる、そんな間取りプランです。

Exterior

外観イメージ

  • 玄関がわりになる土間と大きな吹き抜けが家族の絆を育む家
  • 玄関がわりになる土間と大きな吹き抜けが家族の絆を育む家

Interior

内観イメージ

  • 玄関がわりになる土間と大きな吹き抜けが家族の絆を育む家
  • 玄関がわりになる土間と大きな吹き抜けが家族の絆を育む家
  • 玄関がわりになる土間と大きな吹き抜けが家族の絆を育む家
  • 玄関がわりになる土間と大きな吹き抜けが家族の絆を育む家
  • 玄関がわりになる土間と大きな吹き抜けが家族の絆を育む家
  • 玄関がわりになる土間と大きな吹き抜けが家族の絆を育む家
  • 玄関がわりになる土間と大きな吹き抜けが家族の絆を育む家
  • 玄関がわりになる土間と大きな吹き抜けが家族の絆を育む家
  • 玄関がわりになる土間と大きな吹き抜けが家族の絆を育む家
  • 玄関がわりになる土間と大きな吹き抜けが家族の絆を育む家

Floor

平面図

  • 玄関がわりになる土間と大きな吹き抜けが家族の絆を育む家
  • 玄関がわりになる土間と大きな吹き抜けが家族の絆を育む家

Data

タイプ 注文住宅
施工年 2003年
1階床面積 17.66坪
2階床面積 20.05坪
延べ床面積 37.72坪
建設地 北海道
メーカー アーキビジョン21
担当 本社